メッセージ

代表取締役社長 溝口昭次

(株)Wave Energyという会社

Wave Energyは高圧電気技術をコアコンピタンスとして皆様の地域の工場やビルなどに電気を供給する高圧受配電盤の製造を中心に事業を展開してきました。ここ数年は再生エネルギー関連で主として太陽光発電システムにおける高圧盤と電力変換器(パワコン)を一体にした製品が高評を博し、業界でも群を抜く生産規模を誇る有望企業の一つになっております。
本社所在地は東京で香川県に工場があります。その製品の出荷先は全国に広がっています。現在は、海外にも視野を広げた営業活動を開始中です。
今や、電力なくして生活は成り立たない時代になっていますので電力供給システムの一翼を担う企業なくして社会は成立しません。その意味においても、Wave Energyは社会的に重要な会社の一つであると誇らしく思っております。

会社存続の目的

このような当社の存続目的は、お客先、社員、地域の皆様などのステークホルダーの皆様に「製造した製品を通じて電力を供給する設備に関わることでその地域住民の皆様や工場のお皆様に貢献すること」につきるかと思っています。そしてその為には、皆様に「常にご愛顧いただけるWave Energyであり続ける事」、を目標にして働く事がより重要です。

仕事でわくわくしましょう!

企業が存続し続ける為には、有能な社員を継続的に採用し、教育し、事業に携われる技術、技能を身につけていただく事が不可欠です。更に、仕事を通じて社員一人ひとりがやりがいや、達成感を感じた上で継続的な勤務ができないといけません。この為には、健康の維持が第一で、よくサラリーマンの資本は身体だと言われますが、正にそのとおりだと思っています。このような有能な社員がその力のベクトルを合わせて新製品の開発や高品質の製品の製造に関われる風土の醸成が不可欠と思います。やはり仕事に対するわくわく感を感じていただかないと成立しませんし、仕事自体がおもしろくなくては長続きしないと思います。そしてそれらの社員の皆さんが長年培った経験や、知識を用いて新たな市場や事業を創生していく事で仕事が広がる、新たな仕事を拓く事ができるのだと信じています。

このように仕事は数多ありますが、その中で皆さんは今何に対してわくわく感を抱かれるのかがキーポイントではないかと考えます。是非、当社Wave Energyの製品を通じた社会貢献度にも注目いただき関心を持っていただけるとありがたく思います。

電力供給や再生エネルギ-発電システムの一翼を担う古くて新しい会社Wave Energyに期待をしてください。
そして是非、地域活性化の一翼を担う会社としても注目いただき、皆さんのリクルート活動の対象の一つにしていただければ嬉しく思います。

ページトップへ戻る
上へ戻る